気象庁気象研究所|環境・応用気象研究部|第四研究室
TOP > 環境・応用気象研究部 > 第四研究室

環境・応用気象研究部 第四研究室 概要

大気エーロゾル粒子の性状とその変動過程

大気エーロゾルの移流・変質にかかる素過程(発生・輸送・変質・沈着過程)の高度化による予測スキームの改善に必要なパラメータの設定などのため、大気エーロゾル粒子の混合状態、生成過程、吸湿特性、ダスト沈着量などについて実験・観測により現象の解明を行い、予測技術の高度化に資することを目的とした研究を行っています。

もっとくわしく:第四研究室のページはこちら

研究室 メンバー

官職名氏名
室長田中 泰宙
主任研究官梶野 瑞王
主任研究官足立 光司
研究官川端 康弘
客員研究員五十嵐 康人
客員研究員猪股 弥生
リサーチアソシエイトジョセフ チン (程 炳沛)
リサーチアソシエイト木名瀬 健

研究課題

重点研究

C3 地球環境監視・診断・予測技術高度化に関する研究

H26年度 国土交通省・開発途上国研究機関交流事業

実施報告

その他

気象庁領域化学輸送モデルの利用申請


last update : 2015-05-18
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan