気象庁気象研究所 気候研究部 第一研究室
TOP > 気候研究部 > 第一研究室

気候研究部 第一研究室 概要

第一研究室では、気候変動の基礎的な理論や原因の解明に関する研究を行っています。地球の大気と海洋を支配する物理法則を組込んだ「気候モデル」と呼ばれる道具を開発、改良し、気候変動の研究に用いています。気候モデルは現実の地球の気候を再現できるので、過去から現在までの数世紀にわたる地球規模の気温や降水量などの変動の原因を調査することができます。 ( 画像をクリックすると拡大されます。)

概念図

研究室 メンバー

官職名氏名
室長黒田 友二          HP
主任研究官小畑 淳        HP  HP
主任研究官川合 秀明          HP
主任研究官水田 亮            HP
研究官吉田 康平          HP
研究官楠 昌司            HP
客員研究員野田 彰
客員研究員野口 峻佑          HP

研究課題

    重点研究

  1. 気候モデルの高度化と気候・環境の長期変動に関する研究」 H26~30
  2. 課題代表:竹内 義明(気象研究所)
    副課題1:地球システムモデルの高度化による気候・環境変動予測の高精度化

  3. 季節予報の高度化と異常気象の要因解明に関する研究」 H26~30
  4. 課題代表:尾瀬 智昭(気象研究所)
    副課題1:季節予測システムの改良と性能評価に関する研究
    副課題2:異常気象の要因解明と予測可能性の研究

    共同研究

  1. 文部科学省 創生プロ 気候変動リスク情報創生プログラム H24~28
  2. テーマA「直面する地球環境変動の予測と診断」課題代表:木本 昌秀(東京大学)
    テーマC「気候変動リスク情報の基盤技術開発」課題代表:高藪 出(気象研究所)

  3. 古気候の形成とその変動に係わる諸過程の研究
  4. 課題代表:余田 成男(京都大学)

  5. 気候システムの形成と変動に係わる諸過程の研究
  6. 課題代表:植田 宏昭(筑波大学)

  7. 成層圏対流圏結合の力学的化学的予測可能性の研究
  8. 課題代表:向川 均(京都大学)

    科学研究費補助金

  1. 基盤研究C 「巨大火山噴火が気候・生態系へ及ぼす影響:地球システムモデルによる解析」 H25~28
  2. 課題代表:小畑 淳(気象研究所)

  3. 基盤研究S 「成層圏-対流圏結合系における極端気象変動の現在・過去・未来」 H24~28
  4. 課題代表:余田 成男(京都大学)

  5. 基盤研究B 「太陽活動の北極振動への影響とメカニズムの解明」 H26~28
  6. 課題代表:黒田 友二(気象研究所)

  7. 新学術領域研究 「太陽周期活動の予測とその地球環境影響の解明」 H27~31
  8. 課題代表:余田 成男(京都大学)

                         

last update : 2016-04-20
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan