気象庁気象研究所 気候研究部
TOP > 気候研究部 > 第三研究室

気候研究部 第三研究室 概要

地球大気の温度は、太陽光の入射(短波放射)と地球自身が放出する赤外放射(長波放射)のバランスによって決まります。このバランスは、放射を吸収・散乱する雲粒子やエーロゾル(大気中に浮遊する微小粒子)、水蒸気や二酸化炭素のような大気微量気体など様々な物質によって変化し、その長期的変化は地球温暖化などの気候変動となってあらわれます。地上や航空機、衛星からの観測と、放射のやり取りをコンピュータ内で再現する放射伝達モデルを用いて、これらの物質が地球放射収支に与える影響を解析しています。

宮古島観測風景

写真は、沖縄県宮古島市での太陽光と赤外放射の観測風景です。複数の測器により(写真左)、太陽光を直達・散乱成分、可視・近赤外波長域に分けて測定しています。同時に、スカイラジオメータ(写真右)による太陽光の空間分布の測定から、エーロゾル、雲、水蒸気等の情報を引き出し、太陽光への影響を調べています。

研究室 メンバー

官職名氏名
室長小畑 淳 (HP) (HP)
主任研究官山崎 明宏
研究官石田 春磨
研究官工藤 玲
客員研究員内山 明博

研究課題

重点研究

地球環境監視・診断・予測技術高度化に関する研究

世界的な経済発展によるCO2 排出量の増大や汚染物質の排出増加などにともない、地球環境の監視とその診断・予測技術の高度化は社会的に重要となっています。気象庁では化学輸送モデルを用いた黄砂情報、紫外線情報、二酸化炭素分布情報の提供開始や、スモッグ気象情報の高度化などを実施しており、本課題では、これらの地球環境の監視・予測精度の高精度化を図っています。

一般研究

放射収支の監視システムの高度化と気候変動要因解明に関する研究

気候変動メカニズム解明のためには、放射過程、雲物理・降水過程の解明が重要となっています。本課題では、大気放射収支の変動とその主要因となる雲・エーロゾルの監視技術の高度化と気候変動への影響解明を目指しています。


last update : 2017-05-01
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan