気象庁気象研究所 気候研究部
TOP > 気候研究部 > 第六研究室

気候研究部 第六研究室 概要

説明図 地球における大気の動きや温度変化、降水の変化などのエネルギー源は、太陽から降り注ぐ日射(短波放射)です。日射は大気と地表面によって吸収、散乱、反射され、一部は宇宙空間へ戻って行きます。大気や地表面によって吸収された日射はそれらを加熱し、そのエネルギーが形を変え、大気中で再配分される過程で 大気の変化を起こしています。最終的には地球全体で受け取った日射エネルギーは地球放射(長波放射=熱赤外放射)となり地球外に放出されます。
 近年、温室効果気体の増加により、地球が受け取る日射エネルギーと地球放射エネルギーのバランスが変化し、地球が暖まりつつあります。その中で雪氷圏は最も顕著に地球温暖化の影響を受 け、地球システムのエネルギー収支に大きなフィードバック効果を持っています。その結果、北極域を中心に急激な雪氷の融解が進行しています。
 本研究室では雪氷圏変動の実態把握と予測精度向上のため、地上観測装置及び衛星リモートセンシングによる雪氷物理量の観測・監視を行い、それらを基に雪氷放射過程や積雪変質過程などの物理プロセスモデルを高度化し、雪氷圏変動メカニズムの解明を目指しています。

より詳細な研究内容につきましては、こちらの研究室ホームページをご覧ください。

研究室 メンバー

官職名氏名
室長 保坂 征宏
研究官谷川 朋範
研究官庭野 匡思
客員研究員青木 輝夫

last update : 2016-04-20
All Rights Reserved, Copyright © 2014, Meteorological Research Institute, Japan