文字のサイズを変更できます:小さい文字サイズ|標準の文字サイズ|大きい文字サイズ 最終更新日:2017年5月22日
menu
software
Adobe Reader
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社のAdobe Readerが必要なページがあります。 お持ちでない方は、上のアイコンをクリックして移動したサイトよりダウンロードしてください。
連絡先・地図
〒305-0052
茨城県つくば市長峰1−1
気象庁気象研究所
予報研究部 (4階)
第三研究室
 
現在の場所:ホーム > 予報研究部 > 第三研究室 > 荒木健太郎 > 南岸低気圧に伴う雪研究

南岸低気圧に伴う雪研究

 近年,南岸低気圧の通過に伴って非雪国である関東甲信地方などで発生した大雪災害が社会的に注目されています.2014年2月には記録的な大雪が2度発生し,特に2月14〜15日には観測史上の最深積雪を大幅に超える積雪深が各地で観測されました.これに伴い,関東甲信地方の各地で雪崩や雪の重みによる建物被害,交通障害,人身事故が多発しました.南岸低気圧による降水・降雪予測,これに伴う気象・雪氷災害予測は,山間部だけでなく都市部を含めて社会的影響が非常に大きく極めて重要ですが,多岐に渡る要因が複雑に関係しており,実態把握やメカニズムの理解,高精度予測,適切な災害対策が求められています.

 ここでは,荒木@気象研予報三研が現在取り組んでいる南岸低気圧に伴う雪研究,これまでに開催した研究会や各種講演情報,関連する成果等の情報を載せています.

snowstorm
2014年2月15日8時過ぎの埼玉県深谷市での積雪.荒木(2014)「雲の中では何が起こっているのか」より.

現在取り組んでいる研究課題

これまでに開催した研究会

関連する取り組み

講演等

関連する成果等