気象庁気象研究所|予報研究部|第二研究室
TOP > 予報研究部 > 第二研究室

予報研究部 第二研究室 概要

説明図

集中豪雨・局地的大雨などによる被害を軽減するために、高解像度な観測データを用いて数値予報モデルの初期値を改善し、短時間予測の精度の向上を目指します。

さらに複数の予報を用いるアンサンブル手法を用いて、確率論的予測や極端気象の予測の高度化を行います。

研究室 メンバー


官職名氏名メールアドレス xxxxx@ドメイン個人HP等へのリンク
xxxxx ドメイン
室長瀬古 弘hsekomri-jma.go.jpProfile and Paper Lists
主任研究官川畑 拓矢tkawabatmri-jma.go.jpProfile and Paper Lists
主任研究官大塚 道子motsukamri-jma.go.jp
研究官國井 勝mkuniimri-jma.go.jp
研究官横田 祥syokotamri-jma.go.jp
客員研究員Le DUCleducjamstec.go.jp
客員研究員伊藤 耕介itokosksci.u-ryukyu.ac.jp琉球大学数値天気予報研究室
客員研究員大泉 伝oizumijamstec.go.jp
客員研究員福井 真fukuiwind.gp.tohoku.ac.jp

研究課題

平成27年度に取り組む主要な課題です

気象研究所重点研究「メソスケール気象予測の改善と防災気象情報の高度化に関する研究

副課題2:高解像度データ同化とアンサンブル予報による短時間予測の高度化

ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発

重点課題④「観測ビッグデータを活用した 気象と地球環境の予測の高度化」

  • サブ課題A「革新的な数値天気予報と被害レベル推定に基づく高度な気象防災」

[CREST]「ビッグデータ同化」の技術革新の創出によるゲリラ豪雨予測の実証

[科学研究費補助金] 大気海洋結合データ同化手法を用いた台風予測可能性の解明

[科学研究費補助金] 次世代データ同化とアンサンブルシミュレーションによる積乱雲の発生・発達機構の解明


last update : 2015-04-01
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan