気象庁気象研究所|気象衛星・観測システム研究部|第二研究室
TOP > 気象衛星・観測システム研究部 > 第二研究室

気象衛星・観測システム研究部 第二研究室 概要

説明図

最新機能を有する気象レーダーやウィンドプロファイラー、GPS等、電波を用いた大気観測手法の開発を行うとともに、豪雨や突風等激しい大気現象をもたらす積乱雲の監視・予測技術に関する研究を行っています。

二重偏波ドップラー気象レーダーという最新機能を活用し、降水強度の高精度推定、雨・雪・あられや雹など降水粒子の判別、竜巻早期検知を可能とする飛散物の識別等に取り組みます。また、GPS等を用いて、積乱雲の発達に重要な下層水蒸気変動の監視手法の開発を進めています。

研究室 メンバー

官職名氏名
室長小司 禎教写真
主任研究官足立 アホロ
研究官足立 透
研究官南雲 信宏
客員研究員石原 正仁
客員研究員田畑 明
客員研究員小林 隆久写真

last update : 2015-04-01
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan