TOP > 研究総務官 > 高薮出

高薮出 / TAKAYABU Izuru

English
事項詳細
所属・職名研究総務官
連絡先
個人ページ
専門分野ダウンスケーリング
学位理学博士
受賞歴、委員等 委員
  • 中央環境審議会気候変動影響評価等小委員会 委員(環境省)
  • 気候変動予測及び影響評価の連携推進に向けた検討チーム 座長(環境省)
  • 気候変動を踏まえた治水計画に係る技術検討会 委員(国交省)
  • 気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート専門家委員会 委員(環境省)
  • IPCC AR6 WGI 第10章「世界規模と地域規模の気候変動のつながり」主要執筆者
  • IPCC WG1 国内幹事会 委員
  • 日本気象学会 理事
発表論文
  • Takayabu, I., K. Hibino, H. Sasaki, H. Shiogama, N. Mori, Y. Shibuya, and T. Takemi, 2015: Climate change effects on the worst-case storm surge: A case study of Typhoon Haiyan, Environmental Research Letters, 10064011doi:10.1088/1748-9326/10/6/064011
  • Takayabu, I., H. Kanamaru, K. Dairaku, R. Benestad, H. von Storch, and J. H. Christensen, 2016: Reconsidering the quality and utility of downscaling. J. Meteor. Soc. Japan, 94A, 31-45.
  • Takayabu, I., and K. Hibino, 2016: The skillful time scale of climate models. J. Meteor. Soc. Japan, 94A, 191-197.
担当課題リスト
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan