TOP > 台風研究部 > 部長 > 青梨 和正

青梨 和正 / Kazumasa AONASHI

事項詳細
所属・職名台風研究部・部長
連絡先
個人ページ
専門分野データ同化、マイクロ波リモートセンシング
台風予報のための領域予報解析システムの同化法の研究や、衛星搭載マイクロ波放射計データからの降水推定法の研究を行なっている。
学位博士(理学)
受賞歴、委員等 受賞歴
  • 2011年気象集誌論文賞
委員
  • WMO CGMS IPWG (International Precipitation Working Group)  Co-chair
  • 東海大学情報技術センター 地球環境変動観測ミッション(GCOM)委員会 委員
  • 東海大学情報技術センター GPM利用検討委員会 委員
  • 海洋研究開発機構 「超高精度メソスケール気象予測の実証」研究連絡会 メンバー
発表論文
担当課題リスト
  • A2 顕著現象監視予測技術の高度化に関する研究
  • A3 台風の進路予報・強度解析の精度向上に資する研究
  • c6 大気海洋結合データ同化システムの開発に関する研究
  • 宇宙航空研究開発機構 降水観測ミッション(PMM)第7回研究公募「GMI用のマイクロ波降水リトリーバルアルゴリズム前方計算の改良」(平成25~27年度)
  • 宇宙航空研究開発機構 地球環境変動観測システムミッション(GCOM)第5回研究公募「次世代MWI降水リトリーバルアルゴリズム」(平成26~28年度)
  • 次世代スーパーコンピュータ戦略プログラム分野3「防災・減災に資する地球変動予測」(平成22~27年度)
    (1)防災・減災に資する気象・気候・環境予測研究② 超高精度メソスケール気象予測の実証
  • 千葉大学環境リモートセンシング研究センター共同利用研究「多波長マイクロ波放射計データを用いた水物質量リトリーバルの研究」(平成26年度(毎年更新))
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同研究「衛星雲・降水観測データのデータ同化システムの構築に関する研究」(平成24.10~平成27.3)
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan