B2 地震活動・地殻変動監視の高度化に関する研究

  • 副課題1:地震活動評価手法の高度化
  • 副課題2:地殻変動監視技術の高度化
  • 副課題3:地震発生シミュレーション技術の高度化

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

勝間田明男 地震津波研究部第1 研究室長


担当研究部

副課題1:地震津波研究部
副課題2:地震津波研究部
副課題3:地震津波研究部


目的

気象庁や地震調査委員会等の国が行う必要のある地震活動・地殻変動の監視・評価にお いて、監視技術や評価手法、地震発生シミュレーション技術の高度化を通じ、国民への より的確な情報提供につながる研究を行う。


B2 概念図

目標

地震活動や地殻変動について、新たな評価手法や監視技術等を導入することにより、 より微小な変化を逐次的にとらえる技術を開発する。また、地震発生シミュレーション を通じて、地震・地殻活動の変化と大地震発生との関係に関する評価手法の改善を図る。


(副課題1) これまで地震発生前の変化が報告されている地震活動に関する指標を逐次的に解析する手法を構築する。
(副課題2) 長期的な地殻変動の把握を行うとともに、これまでよりも微小な地殻変動を検出できる技術を開発する。
(副課題3) 地殻変動解析で得られた知見などを地震サイクルシミュレーションモデルに取り込むとともに、前駆すべりの多様性を表現できる大地震発生モデルの構築を目指す。

各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 399KB) 平成27年度(PDF 517KB) 平成28年度(PDF 525KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan