B3 津波の予測手法の高度化に関する研究

  • 副課題1:多点観測データ等を用いた津波即時予測手法の高度化に関する研究
  • 副課題2:遠地津波の後続波と減衰特性のモデル化の研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

山本剛靖 地震津波研究部第4研究室長


担当研究部

副課題1:地震津波研究部
副課題2:地震津波研究部


目的

津波の面的把握と即時予測の精度向上、および遠地津波の注警報の解除時期の予測に貢献する。


B3 概念図

目標

津波警報の改善のために、これまでに開発した津波即時予測手法の高度化および新たな 予測手法の開発を行うとともに、津波警報解除の時期を予測できるようにするために、 津波の後続波や減衰の特性を明らかにする。

(副課題1)①稠密な観測データを高度に活用し、津波成分を抽出する手法や現況を面的に把握する手法を開発する。
②波源推定に基づく予測手法の高度化および波源推定に基づかない新たな予測手法の開発を行う。
(副課題2)遠地津波の後続波および減衰特性のモデル化を行い、遠地津波の継続時間の予測を行うことにより津波警報解除の時期の予測手法を開発する。

各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 324KB) 平成27年度(PDF 391KB) 平成28年度(PDF 398KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan