TOP > トピックス > 平成30年度気象庁気象研究所研究成果発表会のご案内

平成30年度気象庁気象研究所研究成果発表会のご案内


平成30年度気象研究所研究成果発表会~気象業務を支える研究の最前線~

平成30年度気象研究所研究成果発表会は終了しました。多数の来場ありがとうございました。


説明資料・発表要旨を掲載しました。ご覧になりたい講演題目をクリックするとPDFが表示されます。

1.日 時

平成30年11月10日(土)13:30 ~ 16:30 (開場13:00)

2.場 所

一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)

〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号


学術総合センター(神保町駅から徒歩3分、竹橋駅から徒歩4分)

(地図をクリックで拡大)

  

会場周辺地図

3.講演題目 全体要旨(PDF 5.5MB)

1 気象業務を支える研究の最前線

   隈 健一 (気象研究所長)


2 台風・集中豪雨研究の現状と課題

  ①平成30年台風第21号による強風・高潮(速報)

   予稿(PDF 0.6MB)説明資料(PDF 3.7MB)

   高野 洋雄 (海洋・地球化学研究部 室長)

   嶋田 宇大 (台風研究部 主任研究官)


  ②平成30年7月豪雨の局地的な特徴

   予稿(PDF 0.8MB)説明資料(PDF 4.9MB)

   清野 直子 (予報研究部 室長)


  ③地球温暖化で変わりつつある日本の豪雨

   予稿(PDF 0.4MB)説明資料(PDF 2.1MB)

   川瀬 宏明 (環境・応用気象研究部 主任研究官)


3 次世代の火山監視 -気象レーダーで視た桜島・新燃岳噴火-

   予稿(PDF 0.8MB)説明資料(PDF 13.8MB)

   佐藤 英一 (火山研究部 主任研究官)


4 日本を取り巻く海の詳細な把握に向けて -海の「天気予報」の最前線-

   予稿(PDF 0.5MB)説明資料(PDF 14.6MB)

   碓氷 典久 (海洋・地球化学研究部 主任研究官)


司会 : 鈴江 奈々 (日本テレビアナウンサー)


ポスター
 ポスター PDF:0.4MB

4.参加費・参加登録(事前登録が必要です)

参加費:無料

参加登録の受付は終了しました。多数のご登録ありがとうございました。

5.問い合わせ先

 気象庁気象研究所企画室

 〒305-0052 茨城県つくば市長峰1-1
 TEL:029-853-8546 E-mail:連絡先



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan